見学に行って国分建設の良し悪しを確認しよう

積み木

住宅を建てる伝統的な職人

インテリア

釘や金物を使わない

日本に古くからいる宮大工は神社や寺などの重要な建物を建てる事ができる、技術や知識を持った職人です。宮大工になるまでには何年も修行を行う必要があるため人数が少なく、依頼するには宮大工を雇っている業者を利用する必要があります。最近の住宅は建てる時に電動工具を使用して短期間で建てますが、宮大工は全ての工程を手によって行います。そのため住宅を建てる期間は長くなりますが、仕上がりの良い住宅を建てたい場合には宮大工に依頼することが重要です。一般的な大工は住宅の構造部分を加工する時に、釘や金物を使って木材を固定したり組み上げていきます。宮大工は木材の加工で釘や金物を一切使わずに組み上げるため、錆びることがなく何千年にも渡って住宅の強度を保てます。釘や金物を使わないため、宮大工は木材を繋いだり組み合わせる技術を多く習得しており、どんな構造でも木材だけで作ることが可能です。また地震の多い日本ではあえて木材の繋ぎ目にゆとりを持たせる事によって、建物が揺れても被害を受けないように宮大工は施工しています。そのため宮大工によって建てられた住宅は大きな地震にも耐えることができ、災害に強い住宅になります。宮大工に依頼して住宅を建てるには、品質の高い木材を使用する事になるため、一般的な大工に依頼するよりは高くなります。ですが人件費は一般的な大工と大きく変わる事はなく、使用する素材の値段が違うだけなので、長い目で見るとお得です。